読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PCLで点群処理

PCLで点群処理したあれこれを書いていきます。

【論文100本ノックの22】RGB-D カメラによって得た頭部の情報の三次元モデル化手法

1 目 的

 点群に関する研究論文を読み、点群処理に関する知識を得るとともに、新たな研究のための気づきを得る。

 

2 はじめに

 

 100本計画の20本目として、和文2ページの本論文を読む。

 

3 対象論文と要約

3.1 対象論文

伊藤大生, 田村仁, 高塚崇文, & 大川涼. (2012).

RGB-D カメラによって得た頭部の情報の三次元モデル化手法.

第 74 回全国大会講演論文集, 2012(1), 245-246.

https://ipsj.ixsq.nii.ac.jp/ej/?action=repository_action_common_download&item_id=109826&item_no=1&attribute_id=1&file_no=1

3.2 研究概要

(社会的ニーズ)

 なし。

(提案)

 Kinectを用いて取得した東部情報を3次元モデル化するための手法、装置を開発する

4 出現用語

 特になし

 

5 おわりに

 点群関係研究のマストアイテムとなりつつKinectだが、その性能についてイマイチ把握できていないところがあった。

 このような不明な機器を扱う際、パラメータの設定に何らかの根拠があると説得力がある。

 本研究では、数的根拠をもって高精度距離を示してくれたため、距離設定の引用に非常に有用であるように思える。

6 今後調査したい事項

Kinect, Xtionのパラメータ設定用の参考文献

7 参考文献

 なし。