読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PCLで点群処理

PCLで点群処理したあれこれを書いていきます。

【論文100本ノックの48】深度カメラを用いた実時間姿勢追跡に基づく動的な空間型 AR の実現

1 目 的

 点群に関する研究論文を読み、点群処理に関する知識を得るとともに、新たな研究のための気づきを得る。

 

2 はじめに

 100本計画の48本目として、和文9ページの本論文を読む。

 

3 対象論文と要約

3.1 対象論文

深度カメラを用いた実時間姿勢追跡に基づく動的な空間型 AR の実現

小林大祐, 小泉諒, and 橋本直

電気通信大学

電子情報通信学会論文誌 D 99.3 (2016): 264-272. 2016

http://search.ieice.org/bin/summary.php?id=j99-d_3_264

3.2 研究内容

(社会的ニーズ)

 アートやエンターテイメント分野では、プロジェクションマッピングが注目されている。

(提案手法)

 手軽な深度カメラを利用し、実時間姿勢追跡を可能にするSARシステムを提案する

4 出現用語

 なし。

5 おわりに

 パーティクルフィルタの概要について、具体例を示しつつわかりやすく説明してある。

 詳細な話は個別に確認しなければならないが、パーティクルフィルタを使用することになった際には、改めて本論文を読みたい。

6 今後調査したい事項

  なし。