読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PCLで点群処理

PCLで点群処理したあれこれを書いていきます。

【論文100本ノックの50】航空レーザ測量の概説と最新動向

1 目 的

 点群に関する研究論文を読み、点群処理に関する知識を得るとともに、新たな研究のための気づきを得る。

 

2 はじめに

 100本計画の50本目として、和文4ページの本論文を読む。

 

3 対象論文と要約

3.1 対象論文

航空レーザ測量の概説と最新動向

横尾泰広 国際航業(株)

フォレストコンサル, (137), 3029-3037. 2014

http://www.forest-pro.jp/2014-09-26-forest-connsul-yokoo.pdf

3.2 研究内容

(社会的ニーズ)

 航空レーザ測量の作業標準化に伴い、今後、森林分野の利用が期待される。

(提案)

 航空レーザ測量の技術を解説するとともに、最新の動向を紹介する。

4 出現用語

 なし。

5 おわりに

 航空レーザ測量の概要が理解できた。

 これまでずっと読んでいたのはKinectやXtionのような、地上から水平方向にスキャニングすることを前提としていたが、航空レーザ測量では空中から垂直方向にスキャニングするため、様々な条件が異なる。

 しばらくは、航空レーザ測量に関する情報を仕入れたい。

 

6 今後調査したい事項

  航空レーザ測量やその応用分野に関する論文