読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PCLで点群処理

PCLで点群処理したあれこれを書いていきます。

【論文100本ノックの18】Kinectとタブレットを用いたロボットアームによる物体拾得システム

1 目 的

 点群に関する研究論文を読み、点群処理に関する知識を得るとともに、新たな研究のための気づきを得る。

 

2 はじめに

 100本計画の18本目として、和文2ページの本論文を読む。

 

3 対象論文と要約

3.1 対象論文

松本大賢, and 岡哲資.

"Kinectタブレットを用いたロボットアームによる物体拾得システム."

第 77 回全国大会講演論文集 2015.1 (2015): 285-286.

https://ipsj.ixsq.nii.ac.jp/ej/index.php?active_action=repository_view_main_item_detail&page_id=13&block_id=8&item_id=164933&item_no=1

3.2 研究概要

(社会的ニーズ)

 障害者自立支援の一環として、車椅子利用者のロボットアームによる物体拾得のニーズがある。

(提案)

 Kinectを用いてプロジェクションマッピングを容易に行えるシステム

  

4 出現用語

   特になし。

 

5 おわりに

   前回もそうであったが、画像処理と点群処理を併用した応用分野であった。

   画像処理の発展が点群処理に繋がったこともあり、画像から点群へ考え方を応用できる部分も多い。

   画像処理を学ぶことで、点群処理の幅も広がりそうである。

6 今後調査したい事項

・画像処理

7 参考文献

 なし。